その他

たまにご依頼のあるボタンフライ上の蓋部分の擦れ

放っておくと取り返しのつかないダメージになりそうです。

周辺のステッチを解いて解体してリペアしました。

崩壊したお尻の縫製をやり直しました。

最初はチョットした解れだったと思うのですが、放っておいたら一気に裂けたという具合でしょうか。
折り返しの生地が無くなっている部分もあるので当て布で補強してから縫製し直しました。

何事も無かったかのように直せたかと思います。
バックヨーク(腰部分の横に入った縫製部分)とお尻のステッチのクロスした分厚い部分の縫製は一般的な工業用ミシンでも綺麗にステッチを入れる事が難しいのですが、厚地用の工業用ミシンを設備しているので綺麗にステッチが入ります。

20㎝近く伸ばしました。
肩紐が短くお困りの方はご相談ください。

オーバーオールの肩紐が短いので伸ばしてほしいというご依頼

20㎝近く伸ばしました。

デニムの色を合わせることは難しいので、色味が変わってしまう事はご了承ください。

斜めに繋げ合わせることで見た目も綺麗です。

オーバーオールの肩紐を長くしてほしいというご依頼

裾上げした際の余った生地で作ってほしいというご依頼だったので生地目が合っていませんが遠目には分からないかと思います。

20㎝近く伸ばしました。
肩紐が短くお困りの方はご相談ください。

デニムシャツの襟にバンダナを縫いつけてほしいというご依頼

襟を解体して縫いつけると高額になってしまうので、解体せずにどうにか縫いつけました。

簡単な作業ではありませんでしたが、楽しかったですね。
こういうのは出来ないか?というご要望がありましたらご相談ください。
全てに対応する事は難しいですが出来そうな場合は承りますので。

ジッパー下が縫製だけで不安なのでリベットを打ち込んでほしいというご依頼

この部分は開閉により負担が大きく掛かる所なので、リベットが打ち込まれていることは理にかなっています。もしくは閂(カンヌキ)が入っている方が望ましいですね。デザイン性を失いたくないという方にはパッと見には見えない糸を使用して補強することも可能ですのでご相談ください。

被せリベットよりも打ち抜きリベットの方がしっかりと打ちつけられたかどうかを目視で確認できるので、打ち抜きリベットを打ち込みました。
これで縫製が解けることはないです。
リベットを打ち込まずに強くする方法もありますので、デザインを変えたくないという方はご相談ください。

リベットを再利用して欲しいというご依頼

中に芯を残したまま折れてしまったリベット。
こうなると・・・削るしかないんですが

今回は巧く削り出せましたが、失敗もあり得ます。

ラングラーのジージャンのアクションプリーツのゴム交換

伸びきってしまったゴムによりプリーツが戻らなくなり、見栄えが悪いという事でゴムを交換して欲しいというご依頼です。

同じ色味のゴムが無かったので白いゴムになってしまいましたが