ジージャン/TOPS

ジージャンの襟のレギュラーリペア(解体リペア)
解体してリペアした方が圧倒的に綺麗なのと丈夫です。
ただ、解体せずに施すクイックリペアも承っていますのでお気軽にご相談ください。

ここまでボロボロな襟も珍しいですが、問題無く直せます。さすがに大変ではありますが。

基本的には裾のリペアと同じ要領で直しています。
綾織りの目に沿って斜めに細かく糸を入れ、縦落ちの目に沿って大きくジグザグステッチを入れて穴周りも補強しています。

襟の下も破れていましたので大変でした。

解体せずに施すクイックリペアだとこの様に綺麗には仕上がりません。

解体してリペアした証です。解体せずに施すと襟の裏側にも糸が入ります。

背中の縦裂けをオリジナルリペアで仕上げました。

縦に裂けたダメージに対しては強度という面でオリジナルリペアで仕上げます。
オリジナルリペアが強いわけではなく、縦の裂けには有効という事です。

強度を考慮してのリペア方法ですがせっかくなのでなるべく目立たなくなる様に施しました。これは巧く馴染み過ぎていますので、常にここまでのクオリティーで仕上がるわけではない事をご理解ください。

カバーオールの裾のレギュラーリペア

丈の長いカバーオールは色々な所で擦れて裾にダメージができやすいです。
解体してリペアする事で見た目がよくなります。

若い時は少しくらいボロくても良かったけれど・・・。とご依頼される方も多いです。ご相談ください。

ジージャンのアームホール下の穴をオリジナルリペアで仕上げました。

アームホールのきわという少し厄介な場所です。
なるべく綺麗に丈夫に直す為に少し解体して直しました。

簡単に思えた色味のデニムでもいざ施すと色合わせが難しい事があります。
もう少し目立たなく仕上げられたらと思います。