バックポケット

デニムのバックポケットの穴のリペア前

バックポケットのレギュラーリペア
財布を入れて使用していると気づかないうちにダメージが進行しています。
放っておくと穴が大きくなるので早めのリペアをお勧めします。

デニムのバックポケットの穴のリペア途中の裏側

ポケットをジーンズ本体から外してリペアします。
リベットが打ち込まれている場合は外せるところまで外してのリペアとなります。
穴部分だけでなくポケット全体を補強しているのがお分かり頂けるかと思います。

デニムのバックポケットの穴のリペア後

横糸のたらない所は自社で染めた疑似横糸を使用しリペア後が自然になるように心がけています。これで当分は安心してご使用頂けます。

ジーンズのバックポケットの穴のリペア前後

バックポケットのレギュラーリペア
ダメージを塞ぐだけで見た目が大分違いますね。

ジーンズのバックポケットの穴のリペア前

常に同じ財布を同じ方向で入れているので、ピンポイントに同じ場所に負荷が掛かりダメージが広がったと考えられるダメージです。

ジーンズのバックポケットの穴のリペア後

パッと見では穴だけを塞いだように見えますが、ポケット全体を補強しているのでかなり丈夫です。これで当分は安心ですね。

デニムのバックポケット入り口の修理前後

バックポケットくちのレギュラーリペア
基本的にこの部分はレギュラーリペアでのみの御依頼とさせて頂きます。
解体せずにリペアを施すと思っている以上にヨレて平べったくなり仕上がりが悪いです。どうしても安く済ませたいという方はご相談ください。

デニムのバックポケット入り口の修理前

ポケットくちの壊れるメカニズムとしては、財布等を取り出す際に内側に三つ折りした出っ張った生地に引っ掛かり負荷が掛かる。と考えられます。
ダメージが進行しない早めにリペアすると綺麗に直せます。

デニムのバックポケット入り口の修理後

ダメージが進行してもそこそこ綺麗に直せてしまいます(笑)
諦めずにご相談ください。

ジーンズのバックポケット入り口のリペア前後

ポケットくちのレギュラーリペア

ジーンズのバックポケット入り口のリペア前

ポケットくちのレギュラーリペア前

ジーンズのバックポケット入り口のリペア後

ポケットくちのレギュラーリペア後

ジーパンのバックポケット周辺の穴のリペア前後

バックポケットくちの上角
一番負荷の掛かる部分で、ポケットでは無く本体の方が破れる事も多いです。
裏リベットが打ち込まれていると手の施しようがなくなりますが、リベットがなくなっても良いという場合はきちんとしたリペアを施すことが可能です。
どうしてもリベットを外さずに直したいという方も御相談ください。やり方はあります。

ジーパンのバックポケット周辺の穴のリペア途中

こんな感じにポケットのステッチを解いて穴を塞ぎポケットを元に戻します。

ジーパンのバックポケット周辺の穴のリペア後

コレだけの事で強度が大分変わります。
弱っていると感じたら早めの補強をお勧めします。