ボタンホール/ベルトループ等

ジーパンのボタンホールのリペア前後

ダメージ箇所 ボタンホール
リペア方法 ミシンステッチのみで簡単に
ミシンステッチのみで直す場合は1か所880円で可能ですが№2のボタンホールだけ1430円になります。

デニムのボタンホールのリペア前

このままでは、いつの間にかボタンが開いているという事が起こり得ます。
早めに補強しておくことをお勧めします。

デニムのボタンホールのリペア途中

TOP下のボタンホールに限っては腰帯のステッチを解体しないとミシンが入らない為+550円の作業代が掛かります。

デニムのボタンホールのリペア後

完成です。この後にハンドステッチを入れるとボタンホールらしくなりますが、強度的にはこれで問題ないのでハンドステッチを入れる方はほぼいないですね。

デニムのボタンホールのリペア後

デニムの色落ちに合わせた糸を使用して埋めています。

デニムのボタンホールのリペア後

ボタンがしっかりと止まると安心ですね。

ベルトループ切れの直し

ダメージ箇所 ベルトループ
リペア方法 レギュラーリペア

ベルトループ切れの直し

ベルトループを本体から外し、全ての縫製を解き、穴と擦れを全て直した後に取り付けます。

ベルトループ切れの直し

1か所1650円~2200円で直しは可能です。
古着のベルトループに取り換えるだけの場合は1か所550円で可能です。ご来店されればGOEMONで手持ちのベルトループからお選びいただけますが、レギュラーデニムから取り外したものになります。

ベルトループ下の生地の直し

ダメージ箇所 ベルトループ下の穴
リペア方法 レギュラーリペア

閂ミシン

ベルトループの下側のみを本体から外し、穴を塞いでベルトループを元に戻します。その際、写真の閂(カンヌキ)ミシンを使用して元に戻します。

ベルトループ下の生地の直し

一度このように補強しておくと安心です。

デニムのボタンの再利用

ボタンの再利用リペア
再利用が出来るか出来ないかは試みてみないと分かりません。
やっぱり無理でしたと言う場合もありますので、ボタンが変わることに抵抗の無い方だけ御依頼下さい。

ジーンズのボタンの再利用の準備

二つ穴のボタンであれば再利用できる可能性が高くなります。
ただ、再利用できたとしても初めて打ち込んだ時のような強度はありませんので予めご理解ください。

ジーンズのボタンの再利用後

破れた生地を埋めたのちにボタンを打ち込みました。
しつこく書きますが、失敗もありますのでご依頼の際は覚悟を持ってご依頼ください。

デニムのベルトループのリペア
デニムのベルトループのリペア
デニムのベルトループのリペア
デニムのベルトループのリペア
デニムのベルトループのリペア
デニムのベルトループのリペア
TENDERのボタンホール修理
TENDERのボタンホールリペア
サスペンダーボタンの取り付け
サスペンダーボタンの取り付け
サスペンダーボタンの取り付け
サスペンダーボタンの取り付け