ボタンホール/ベルトループ等

ボタンホールのリペア
ミシンステッチのみで直す場合は1か所800円+taxで可能ですが№2のボタンホールだけ1300円+taxになります。

このままでは、いつの間にかボタンが開いているという事が起こり得ます。
早めに補強しておくことをお勧めします。

TOP下のボタンホールに限っては腰帯のステッチを解体しないとミシンが入らない為+500円の作業代が掛かります。

完成です。この後にハンドステッチを入れるとボタンホールらしくなりますが、強度的にはこれで問題ないのでハンドステッチを入れる方はほぼいないですね。

デニムの色落ちに合わせた糸を使用して埋めています。

ボタンがしっかりと止まると安心ですね。

ボタンホールのリペア

パックリと切れてしまっても大丈夫です。

元通りという訳にはいきませんが、ボタンホールとして使用できるくらいには直せます。

ベルトループのリペア
ベルトループは直せます。古着から取ったベルトループに交換する場合は1か所¥500+tax、直す場合は1か所¥1,500+taxになります。あまりにも酷い状態の場合は+¥500掛かる場合もあります。

完全に千切れてしまってもリペアは可能です。オリジナルにこだわりたい方はご相談ください。

趣味に近いと言っても過言では無いほど時間を掛けて直しています。

フロント2本のベルトループのリペアです。
ジーンズ本体からベルトループを外してベルトループの縫製を全て取り除いてからリペアしています。

完全に千切れていても問題ないです。

ボタンの再利用リペア
再利用が出来るか出来ないかは試みてみないと分かりません。
やっぱり無理でしたと言う場合もありますので、ボタンが変わることに抵抗の無い方だけ御依頼下さい。

二つ穴のボタンであれば再利用できる可能性が高くなります。
ただ、再利用できたとしても初めて打ち込んだ時のような強度はありませんので予めご理解ください。

破れた生地を埋めたのちにボタンを打ち込みました。
しつこく書きますが、失敗もありますのでご依頼の際は覚悟を持ってご依頼ください。